「勉強方法」カテゴリーアーカイブ

つかえる英語の勉強方法。

いろいろな 英語勉強方法 をテレビでやってたので紹介します。
一押しは英語の歌で日本人が苦手な発音を克服できる方法です。後半ごろ紹介している勉強方法です。

My name is Kenji .May I have your name please?
Are you free now?

英語は机に向かって勉強しただけではとっさの反応ができな
いです。やっぱり英語は喋ることが大事です。

★間違った英語の使い方例

・何かに再挑戦する時 ⇒ リベンジ
(リベンジの為に週4回カラオケで歌っています。)

英語のリベンジの意味わかってるんですか?

リベンジは人を死に至らしめるぐらいの復讐

・大物ゲストをフューチャーします。
フューチャー(future):未来
フィーチャー(feature):特集

日本人が間違って使っている英語
日本は外国の言葉を入れたらそのまま使うのではなくて日本
語化してしまうので海外では通じなく成ってしまいます。

コーヒーは英語ではない
ċoffee カフィ

マクドナルドも違います。
McĎonald’s (マクダァーナルズ

tomato ⇒ 〔tǝméltou〕
トマト ⇒ トメイト
Beer  〔blǝ(r)〕
ビール  ビアー

英語がすごく苦手な人のためのヴィッキーさん直伝の魔法の
8単語

初めての海外旅行でも誰もが知っている超簡単な8つの単語
で自分の意思を伝える事ができるようです。

○魔法の8つの単語とは?

①Please
レストランに入ってメニューが読めない場合でも、メニュー
を文字(写真)を指差してPleaseというとそれがでてきます

また、もし魚が苦手だった場合は
簡単な魚の絵を書いて②No ③like
と話すと相手が All right と言ってきて ④Yesと答え

ホテルの水が出ない場合は
蛇口を指差して⑤Bad,please
というと相手が Understood (了解しました)

道に迷った場合
⑥Hello と声をかけて
地図を指差し自分の進む方向を指差して ⑦Good?
というと相手がThat’s right(その通り)
そして⑧Thank

以上の①から⑧の単語です。

①Please ②No ③like ④Yes

⑤Bad ⑥Hello ⑦Good ⑧Thank

以上の8つの単語を使いこなせば自分の意思が伝わるそうで
す。

★小熊弥生(同時通訳者)がどうやって
わずかな期間で英語力を身につけたのでしょう?

それは、英語を話している人の物まねをする事だそうです。
耳を使って覚えるだけでなく全てを使って覚える

小熊さんは言葉だけでなく口の動き顔の表情・手のフリ・間
の取り方など、全てを徹底的にマネたそうです。
小熊さんいわく、聴覚、視覚、五感を使って覚えると言葉の
意味や感情が深く印象に残る残りいつまでも忘れないと言う
これぞ小熊流ものまねシャドーイング!

★東進ハイスクール講師・安河内
英語が話せるようになる3ヶ条

1.英語は言葉だからだれだってできるようになる
中学時代の英語をどんどん使え

2.侍精神をすてよ。間違ったら腹を斬らなくてはいけない
と思うあまり口から英語がでてこない
言葉が上手になる順番は
とりあえず使ってみる・間違う・直す・上手になる
ということです。

3.カラオケで洋楽を歌いまくれ
洋楽をマスターする事には英会話の習得に重要な練習全てが
入ってます。
まず英語の曲を聴きます。
耳で何度も何度も聞くって事は⇒これは繰り返しリスニング
することになるんです。
つぎは、曲を真似て歌いますよね
聞きながらまねて歌うということはこれはシャドーイングす
ることになります。

安河内先生のオススメの曲
それは、エルトン・ジョンさんの
(ライオンキングの主題歌)
「Can You Feel the Love Tonight」

★なんとこの曲サビの部分が歌えるようになるだけで日本人が
苦手とする微妙な発音の区別がをマスターできるという

(これは、目からうろこでした(^^ゞ)

まずはLとR
この発音が区別できないと恥ずかしい目にあうことも・・・

その通りですという意味のTha’s right.
このrに部分をもしLで発音してしまったら
That’s light.
それは明かりです。
という意味になってしまいます。
必用なサビの部分はこれです。

And can you feel the love tonight

How it’s laid to rest?

It’s enough to make kings and vagabonds

Belive the very best

まずはサビの1行めでLの発音を学ぶ
feel the love

Lの発音のポイント
上の裏の歯茎に舌を当てる

単語の後ろにLがある場合は
舌を離さずに「う」に近い音で終わる

単語の一番最初にLが来た場合は
歯茎から舌を離しながら発音

同じLでも微妙に発音が違います。

そしてこちらに歌詞ではLとRの発音の違いが学べる

How it’s laid to rest

まず最初のLの発音は上の歯茎に下を当て下ろしながら発音

Rは舌先はどこにも接触させずに発音します。

また、VとBの区別も大切なんです。
VとBは日本人が最も苦手とする発音です。
Best (最上)の発音もVで発音するとvest(袖なしの服)
になってしまう。

VとBと克服するフレーズは

Belive the very best(最善を信じる)
です。
BとVが4つもでてくるフレーズ!(^^)!

Bの発音のポイント
上下の唇を接触させて発音

Vの発音のポイント
上の歯を下唇に接触させ発音

BとVの発音の違いを意識しながら歌うのです。

ということで、この曲マスターすれば英語の発音はバッチリ
!!